教育

こんばんは!

今日も本部でお仕事で、新入社員研修の資料作り等をしていました!

 

夕方にお店に用事があったので行ってみると、

レジで去年の新入社員が今年の新入社員の教育をしていました。

 

りかとなおこ-thumb-300x225-2716

 

その姿をみて1年てあっという間だなと感じつつ、

日々成長している2人の姿をみて嬉しく感じました。

 

また、精肉部のバックヤードに行ってみると、

マネジャーに仕事を教えてもらって、熱心にメモをとる

新入社員の姿をみて、教育の大切さを改めて実感しました。

 

岩堀さんと南様-thumb-300x225-2718

 

企業が成長していくために必要なのは、人財です。

人を育てられない会社に成長ありません。

 

いくら良い商品を安く販売できようと、

販売する人がいなければそもそも販売できません。

 

サンベルクスは、教育に力を入れています。

お金という面でも力を入れていますが、

お金だけかけても教育はできません。

 

新入社員や後輩を成長させたいと心から思い、

教育をする人がたくさんいるから、教育は成り立つのです。

サンベルクスにはそういう人がたくさんいます。

そして、教育を受けた人がまた自分の後輩に

教育をして、その連続で人は育っていくのです。

 

やってみせ、言って聞かせて、させてみて、

褒めてやらねば人は動かじ。

という私の好きな言葉があるのですが、

本当にその通りで、やっておけだけでは人は育ちません。

 

教育というのは、一緒に悩み、一緒に走る、共育なのです。

教わる方はもちろん、教える人も成長します。

昔はこうだった、俺はこうだったと自分の価値観を押し付けるのではなく、

相手と一生懸命向き合って、共に成長していくことが本当の教育です。

 

仕事を教わる教育の中で、この仕事の素晴らしさも学ぶこともできます。

ベルクスの仕事は食を通じて、その地域に住んでいる人の体をつくることです。

その地域に生まれた赤ちゃんはベルクスの商品を食べて大きくなっていきます。

 

商品を発注して、加工して品出しをすることが仕事ではありません。

お客様の暮らしを健康で豊かにする仕事をしているのです。

こんな素晴らしい仕事が他にあるでしょうか。

 

今日は改めて教育の大切さ、あたたかさ、

ベルクスで働くかっこよさを実感した1日でした。

 

以上今日の報告でした!

営業企画部 宮崎