【注目】2017年4月実業団陸上部採用について

3月より会社説明会が開催されます。合わせて、陸上部採用も開始します。

ご興味のある方は以下の内容をご確認の上、ご応募お待ちいたしております。

 

陸上部総監督 鈴木専務からのメッセージ

2016年1月1日、目標だったニューイヤー駅伝に、創部3年で出場することができました。

ニューイヤー駅伝を走った選手の多くは学生時代から有名選手でもなく、10,000mも29分40〜30分10秒くらいの記録でした。

しかし、入社後、仕事もしながら、5,000m・10,000m・ハーフで自己記録更新している選手が半数おります。

これがサンベルクス陸上部が3年でニューイヤー駅伝に出場できた理由です。

たとえ、箱根駅伝に走れなかった選手でも、サンベルクス陸上部には日本一を争う舞台、

ニューイヤー駅伝を走るチャンスがあります。夢を掴め!!

 

 

3ヵ年中期計画

 

ニューイヤー駅伝毎年出場。そのためには本選30位以内。予選10位の力をつけること。

オリンピック選手(候補強化選手)を育成すること。

 

チームづくりは会社組織づくりと同じです。1つ上のステージを目指すには、

今までのやり方の延長では目標達成できません。

我々は本気で、さらに上を目指します。詳しくは会社説明会で。

 

2016年チーム目標

 

2年連続ニューイヤー駅伝出場。

 

2016年募集人数

 

5名前後。

 

求める人材

 

走ることが大好きな人。食に興味がある人。当たり前のことですが、とても重要なことです。

当社、新習志野店惣菜部門の管理者に関口良幸(26歳)がいます。彼は陸上部創設者の1人です。

松陰大学時代、走ることが大好きだったのに、部の方針で、3年生春にマネージャーへ転向。

5,000m16分台。仕方がないかもしれないが・・

でも、彼の走ることへの情熱は消えていなかった。サンベルクス入社時、陸上部はありませんでした。

市民ランナーとして、走ることを止めていませんでした。入社2年目、転機が訪れました。

陸上部創部です。

彼はうれしくて、うれしくてたまらなかった。2015年は5,000m・10,000m・ハーフで自己ベスト。

さらに、一番の目標だったマラソンでは東京マラソンで、2時間25分17秒。

大学時代、5,000mを16分切れなかった選手がここまで成長しました。

しかも、彼は仕事で部下20名を持つ管理職として活躍しています。

大事なこと。走ることが大好きな人。食に興味がある人。

どんなアスリートも選手を引退する時が来ます。引退後、食の専門家を目指して欲しいと考えています。

また、素直さ・謙虚さを大事にしております。素直な心が無ければ、人の話は聞くことはできません。

人の話を聞くことができない人は成長できません。

現在の記録も大事ですが、今後、成長できる伸びしろがあるか・・・。重要な選考基準です。

 

応募資格

 

5,000m14分30秒以内。10,000m29分40秒以内が目安。

上記タイム基準に満たない場合でも、伸びしろがあると判断した方は採用しております。

 

選考方法

 

3回の選考を予定しております。 会社説明会→ポイント練習参加→最終面接。

 

処遇

 

2016年5月より、サンベルクス陸上部は中期計画に基づき、選手区分を3階層に分類します。

強化A選手、強化B選手、公認選手の3階層に分類します。

本気で、ニューイヤー30位以内を目指す体制に進化させるため、

強化A選手はフルタイム勤務でなくなります。詳しくは会社説明会で。

 

練習

 

週3回のポイント練習。月曜15:00-18:00。木曜15:00-18:00。金曜9:00-12:00。

元日清食品の田中正直ヘッドコーチが中心に指導。

 

サポート

 

自社会員制スポーツクラブ利用可。治療費支給。

 

直近の会社説明会日程

 

3/17(木)神田、3/26(土)大宮、3/29(神田)、4/14(木)神田、4/20(水)神田、4/30(土)神田

 

エントリー方法

 

サンベルクス 人事部鳥居(TEL:03-3858-8718)まで、ご連絡ください。