2018年最新フィットネストレンド(ACSMアメリカスポーツ医学会発表) ~HIIT(High-intensity interval training)とは???~

皆さん初めまして!!

ベルクススポーツクラブの後藤です!

いつも社員ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、10月から当クラブのスタジオプログラムでも行われている最新メソッド『HIIT』

2018年のACSM発表、フィットネストレンド第一位!!のトレーニングについて情報発信したいと思います!! 

 

効果・メリット

  • 一般的な有酸素運動の6倍の脂肪燃焼効果!!
  • 筋肉を失わずに脂肪をエネルギー源として効率よく使うことができる!
  • 運動能力と心肺機能の向上
  • グルコース(糖)代謝を改善して脂肪を燃焼させる
  • 成長ホルモン分泌の促進 筋肉量維持・UPや美肌の効果                                            
  • 1回30分、週2回のHIITで効果あり!!

 

HIITにはおまけがある♪アフターバーン!!!!!!

前置きとして、ダイエット(脂肪を燃焼させる)には長時間の有酸素運動が有効というのが有名。                                        

ですが、有酸素運動の場合、最低20分以上行わないと脂肪の燃焼効果は少ないと言われています。要は有酸素運動は低強度で長時間、

つまり、時間が取りづらい忙しい方や、筋力トレーニングの効果も出したい方には有酸素運動は適切とは言い難いのです。                                                                                                                                                                       

①HIITはたった15~20分の運動で、有酸素運動(例・トレッドミル)1時間以上に匹敵するカロリー消費、脂肪燃焼効果がある。

②アフターバーンエフェクト

アフターバーンエフェクト(アフターバーン効果)というものがあります。                        

※正式には「運動後過剰酸素摂取量(Excess Post-exercise Oxygen Consumption)」と言います。

簡単に言うと、『運動後も通常以上にカロリーを消費する状態』ということです。

さらに体を回復させる為のエネルギー消費が増えるので長時間にわたりエクササイズの効果が得られます

 

オススメのHIITは???

 

HIITを一人で行うのはすごく大変です!

そこで皆さんにおススメなのがグループエクササイズのこのクラス!

○sprint(スプリント) 

LES MILLS SPRINT™は最短で結果を得ることができる、インドアバイクで行なうハイインテンシティ・インターバルトレーニング( HIIT )です。

SPRINTは短時間にハードなワークアウトを行うことで、最大限の結果を出すことができます。

LES MILLS SPRINT™は短期間のワークアウトにより身体だけでなく強靭な精神力を養うことができます。

トレーニングレベルの限界直前まで追い込むことで、あなたの目標(ゴール)へと近づくはずです。さらに、ワークアウト後には何時間もカロリーが燃焼し続けます。                                                            

 ※LesMills(レズミルズ)公式HPより引用

○ハイパーC

HYPER C®は、腹部と臀部の筋力強化を効果的に実施することを目的としたコアHIIT(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)プログラムです。

全ての身体の動きは、体幹の安定性や強さ、そして可動性が不可欠で、これらが上手く連動して、様々な身体活動が可能となります。

HYPER C®には、筋力強化とコンディショニングの2種類のプログラムが用意され、HIIT方式を採用することで、15分、30分の短時間で腹筋と臀筋を強化し、腹部の脂肪燃焼に大きな成果を生み出します。

HYPER C®はは、ラディカルフィットネスがプログラム開発で培ったエッセンスがふんだんに盛り込まれた革新的で、挑戦的なプログラムです。                                                                                                 

※RADICAL FITNESS公式HPより引用

 

それでは、また次回の内容を楽しみにお待ちください!!