企業情報


代表取締役挨拶

お客様の暮らしを豊かにする


時代と共に進化を求め
おいしいものを
安く提供し続ける商人でありたい

買物の便利さを求めて流通業界がたどり着いたスーパーマーケットという業態は、日本の高度成長期・バブル経済期の勢いもあり、急速に発展してまいりました。
日本のスーパーマーケットはバブル経済期の過大投資で高コスト体質となり、そこから「売り手の発想」による効率が追求されることになりました。価格を安く抑えるために鮮度が失われ、ちょっと品質の良い商品には高額の値が付けられる。
「売り手の発想」による効率を追及するあまりに、お客様が本当に求めている「とれたての新鮮さ」が失われてしまっているのではないか。若い頃に八百屋を経験している私には、それが残念でならないのです。
そんな中でサンベルクスが目指すもの、それは八百屋さん、肉屋さん、魚屋さん、惣菜屋さん、それぞれが本来持っている強みを残したスーパーマーケットづくりです。他の企業が出来ていない、本当の意味での「エブリデイ・口ー・プライス」を実践し続けることです。
私は、会社の売上高がまだ4億円にしかすぎなかった頃に、100億円達成を目標にしていました。「人の成長は、重要な仕事を任されて自信をつけることから始まる」そんな思いから、若い社員にも積極的に手を挙げさせ、そこに可能性を感じればチャレンジの場をどんどん提供します。

20代のうちから年間何十億という金額を動かす仕事を任せるのです。
失敗を恐れず挑戦し続けてもらうために、結果だけを見るのではなく「挑戦したこと」を評価したいと思っております。
「新しいこと・自分が苦手なことに取り組み、その結果きちんと成果を残した人」を最も評価し、結果はまだ出ていなくても「新しいことや苦手なことに挑戦している人」をその次に評価するようにしております。

代表取締役社長 鈴木秀夫


店づくりへのこだわり

専門的知識と技術を磨いたプロ集団をつくる


ベルクスは、八百屋さん・肉屋さん・魚屋さんの集まり、つまり「専門性追求型スーパーマーケット」を目指しております。
お客様の食生活が大きく変化しています。商品の旬・選び方・食べ方など、以前は皆さんが当たり前に知っていたこと、できていたことができなくなっているのです。
この原因は大きく3つあります。1つ目が流通経路の複雑化で情報が伝わりにくくなったこと。2つ目が核家族化が進み食文化の家庭内伝承が途絶えていること。3つ目が小売店が商品知識の勉強不足でお客様に情報提供ができていないことです。

当社は青果専門店からスター卜致しました。
商品知識が豊富な社員が多くおります。「その大根何に使うの?秋力魚の薬味だったら大根の先の方使ってね。」「そのメロンいつ食べるの?食べ頃まで常温で3日かかるよ。すぐ食べたいなら買わないで。」商品知識が豊富だと、今が旬の商品・選び方・食べ方をお勧めできるので、会話も弾み、お客様は買い物も食も楽しむことができます。
そんなお店っていいですよね。
しかし多くのスーパーマーケットは、そういうことは重要視せず、入社まもない人でも運営ができる仕組みづくりばかりに目が行き、専門技術を軽視しています。
ベルクスは専門技術を磨いたプロ集団を作り、日本の食文化の買い物伝承を実現させてまいります。


会社概要

会社名 株式会社サンベルクス
代表者名 代表取締役社長 鈴木 秀夫
本社所在地 東京都足立区花畑4-11-14 (地図はこちら
代表電話番号 03-3858-8719
設立 昭和58年3月
資本金 4億5000万円
売上高 580億円
店舗数 39店舗(東京12店舗、千葉17店舗、埼玉10店舗) ※2017年4月27日現在
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行・埼玉りそな銀行・みずほ銀行
従業員数及び労働者に占める女性労働者の割合 正社員-554名(男性479名 女性75名 13.5%)
契約社員-79名(男性53名 女性26名 32.9%)
パートナー(パートタイマー)社員-1817名(男性171名 女性1646名 90.6%)
フレンド(学生アルバイト)社員-816名(男性478名 女性338名 41.4%)
派遣13名-(男性2名 女性11名 84.6%)
※女性活躍推進行動計画はこちら 女性活躍推進法〜計画作成2016
平均年齢 36.2歳(正社員)

当社へのアクセス方法

東武伊勢崎線:竹ノ塚駅 東口下車
東武バス「花畑団地行き」で「花畑四丁目」下車、徒歩約4分

東京メトロ:綾瀬駅 西口下車
東武バス「花畑団地行き」で「花畑三丁目」下車、徒歩約2分

東武伊勢崎線:谷塚駅 下車徒歩約20分


沿革

  • 1983年 3月

    株式会社サンライフ花徳を設立

  • 1985年 9月

    埼玉県三郷市にスーパーマーケット1号店オープン

  • 1994年 9月

    せんげん台東店オープン

    350坪型SM+ドラッグストア併設タイプ

  • 1995年 4月

    社名変更 株式会社サンベルクスへ

  • 1999年 5月

    市川堀之内店オープン

    450坪型SM+ドラッグストア併設タイプ

  • 2002年 3月

    新人事制度導入(実力主義的終身雇用制度)

    新卒採用の基盤づくり

  • 2005年11月

    柏物流センター稼動

  • 2007年

    6店舗集中出店(東京3・埼玉2・千葉1)

  • 2008年 4月

    営業企画部内に品質管理の新設

  • 2011年 6月

    足立綾瀬店オープン(内装デザイン刷新)

    森川デザイナー・プロデュース

  • 2012年 4月

    サンベルクス陸上部創部

  • 2014年 10月

    ベルクスモール1号店オープン(足立区花畑)

  • 2014年 11月

    スポーツクラブ事業参入

    ベルクス スポーツクラブ ※ジムスタジオ型

  • 2017年 1月

    ベルクスモール2号店オープン(板橋区舟渡)


業績概要

店舗数(単位:店)

 

売上高(売上高:億円)

 



組織図

代表取締役社長

  • スタッフ
    • コントローラー
    • 組織開発
    • 財務
    • 経営企画
    • 監査
  • サービス
    • 人事部
    • 総務部
    • 経理部
    • 情報システム部
  • ライン・スタッフ
    • 営業企画部
    • 業革推進部
    • 店舗開発部
    • 品質管理部
  • クリエイティブ・ライン
    • 青果商品部
    • 精肉商品部
    • 惣菜商品部
    • 鮮魚商品部
    • グロサリー商品部
    • フラワー部
  • オペレーション
    • 物流部
    • 店舗運営部
      • 第一販売部
        • 柏つくしが丘店
        • 南柏店
        • 松飛台店
        • 五香店
        • 東松戸店
        • 北松戸店
        • 市川堀之内店
        • 市川宮久保店
        • 西船橋店
        • 墨田店
        • 東墨田店
        • 足立中央店
        • 足立南花畑店
        • 足立加平店
        • 足立綾瀬店
        • 足立花畑中央店
        • 松戸六高台店
        • 足立神明店
        • 新豊四季店
        • 五香元山店
      • 第二販売部
        • 江北店
        • 足立古千谷店
        • 板橋中台店
        • 浦和南店
        • 戸田店
        • せんげん台東店
        • 杉戸店
        • 南越谷店
        • 草加松原店
        • 草加青柳店
        • 岩槻城北店
        • 東大宮店
        • 草加手代店
        • 野田七光台店
        • 浮間舟渡店
      • 第三販売部
        • 新習志野店
        • 美浜店
        • 仁戸名店
        • 稲毛天台店