うま味成分②

こんばんは!

営業企画部の関川です。

先日の続き、うま味成分をご紹介!

 

2つめのうま味成分は、鰹節に含まれる「イノシン酸」です。

 

皆さん、鰹節にも種類があるのをご存じでしょうか?

大きく分けて「本枯節」「荒節」「裸節」の3種類あります。

「本枯節」は、カビ付けと天日干しを繰り返して作るため、乾燥度が高く、うま味成分も凝縮されています。「荒節」は、カビ付けをしていないもの。「裸節」は、荒節の周囲を削り取ったものです。

 

鰹節のうま味成分「イノシン酸」を存分に味わいたい方は、ご自宅で削りたての本枯節からダシをとってみてください!

 

続いて3つめ。干し椎茸のうまみ成分「グアニル酸」です。

「グアニル酸」は、ほぼ干し椎茸にしか含まれていない特有のうま味成分です。海苔やドライトマトにも含まれていますが、その含有量は微量です。

よく乾燥された椎茸にうま味成分が含まれるので、自宅で『干し椎茸』を作ってみるのもおもしろいと思います!

 

関川はさっそくベルクスで、生椎茸を購入しました。

丸干しの干し椎茸を作るのは難しいようなので、スライスした干し椎茸を作ってみようと思います。

「美味しくできました!」とよいご報告ができるように、頑張ってみます!笑

 

以上、営業企画部 関川でした。