環境保全活動
企業情報

環境保全活動

環境保全活動

株式会社サンベルクスは、地球温暖化を初め、地球規模の環境破壊を真摯に受け止め、環境にやさしい企業活動を目指します。

リサイクルボックスの店頭設置

お買上げいただいたあと、家庭でごみになってしまう再生可能資源の回収を推進するため、店頭にリサイクルボックスを設置しています。ベルクスでは食品トレイ、牛乳パック、ペットボトルの回収を行っています。

通い箱の利用

商品を納入する際、何度でも繰り返して利用できる通い箱を取り入れ、お店で捨てられるダンボールを削減しています。

食品廃棄物の再資源化

食品リサイクル法が平成19年6月に改正(同12月施行)されました。 私たちスーパーマーケット業では、平成24年までに食品廃棄物(野菜くず・魚のアラ・ 食廃油など)の45%を、減量・再資源化・発生を抑制することが実施率目標として 定められました。

食品廃棄物の年間排出量

種類 排出量(kg) 排出量(t)
魚のアラ 412,345 412.3
てんかす 75,762 75.8
食用廃油 50,508 50.5
合計 538,615 538.6

電気が「見える」システムの導入

店舗や本部の使用電気量をリアルタイムで追跡できる、電気が「見える」システムを導入しました。
電気料金のコスト削減だけでなく、「CO2削減を実現し、子どもたちの未来をつくろう」と地域社会、地球環境にまで目を向けた幅広い視点で、地域に密着して生活するベルクス各店舗の事務員さん、店長さんをリーダーに、電気量削減の取り組みを始めました。

電気使用量削減にむけたセミナーの開催

店舗や事業所内の節電を徹底するために、「年間電気使用量10%削減」という目標を掲げています。
2007年より電気使用量削減のためのセミナーを開催し、会社をあげた取り組みへ発展させていくための第1ステップが始まったところです。

ナイトカバーの導入

閉店後、売場の冷蔵ケース・冷凍ケースの電気消費を抑えるため、ナイトカバーをかけて省エネルギーに努めています。

節電・節水のよびかけ

店舗・本部の事務所内や更衣室、トイレなど使用していない場所の電気はこまめに消すこと、作業場や給湯室の水道は必要以上に使わないことを、会社全体に内部化されたルールとして根付かせるための取り組みを継続しています。